★2月26日販売開始★赤貝めしの素(中海産サルボウ貝使用):1合用

販売価格

750円(内税)

購入数

〜中海赤貝ストーリー〜

地元では「アカガイ」と呼ばれるサルボウ貝。
昭和30・40年代の頃は日本一の生産量を誇った中海の特産品でした。
しかしその後、水質の変化等により絶滅の聞きに至りました。

しかし、郷土の味を絶やしてはならないと、生き残ったアカガイを母貝とした養殖の取り組みを中海漁師達が開始。その後、長年の努力が結実し、濃厚・肉厚なアカガイ養殖に成功。

そのアカガイを使用し、当時の味を復活させたのが、この『赤貝めしの素』です。

かつて地元民が愛した郷土食『赤貝めし』をご堪能ください。


<中海産サルボウ貝 赤貝めしの作り方>
,米を1合分研ぎます。
△箸汁は捨て、お米と商品の中身を炊飯釜にセットし、炊飯します。
 ※無洗米の場合は研がずに、お米と商品の中身を炊飯器にセットしてください。
 ※炊飯する前に、夏場は30分、冬場は1時間を目安に漬け置きするとおいしく炊き上がります。
炊飯が終わったらすぐに蓋を開けずに10〜15分程度蒸らし、その後しゃもじでざっくりと混ぜれば出来上がり!


<商品情報>
名称:炊き込みご飯の素(サルボウ貝入り)
原材料名:サルボウ貝(中海産)、醤油、人参、こんにゃく、米発酵調味料、水飴、魚介エキス、食塩、酵母エキス、昆布エキス、水酸化カルシウム、(原材料の一部に小麦、大豆、さばを含む)
内容量:250g
販売者:ちいきおこし

※仕様は予告なしに変更されることがあります。

イメージはありません。

レビューはありません。