★2018年4月1日発売★ラテのための抹茶(加島茶舗)

販売価格

540円(内税)

購入数

加島茶舗特製!『ラテのための抹茶』できました☆

松江市の茶町商店街にある加島茶舗さんにお願いをして、今回ラテのための抹茶を作っていただきました。
ミルクの甘みを引きたてる、さわやかな味わいの茶葉を石臼で挽きあげました☆


・・・おいしい抹茶ラテのつくり方・・・

<材料>
・ラテのための抹茶 : 2g(ティースプーン1杯)
・牛乳:150cc
・湯(カップ温め用):200cc

,泙困亘茶椀に沸騰した湯を注いで椀を温めておきましょう。
牛乳を沸騰させないように温めます。(レンジのミルク温め機能も便利)
5軻が温まったら椀の湯を捨て水気を拭き取り、ラテのための抹茶を入れます。お好みでお砂糖を入れてもOK!
 (※粉末は茶漉しでこしておくとダマになりにくく安心です)
げ垢瓩慎軻3分の2を注ぎ、茶せんで泡だてます。手首を前後にしっかり振りましょう。
セ弔蝪格の1の牛乳を回し入れて、完成!

京都、金沢とはちょっと違う!茶どころMATSUE!
江戸時代の終わり頃、松江には不昧公(ふまいこう)と呼ばれるお殿様がおられました。若い頃からお茶や禅のことを熱心に学び、全国でも有名なお茶好きの大名として知られるようになりました。
不昧公は、形式にこだわったり、道具自慢になっていた当時のお茶文化に反発し、独自の流派「不昧流」を打ち立てます。
そんなお殿様の影響を受け、松江では作法を気にせず、気軽に抹茶を楽しむスタイルが今でも残っています。


<商品情報>
名称  :抹茶
原材料名:緑茶(京都府産、愛知県産)
内容量 :10g
加工者 :加島茶舗

※仕様は予告なしに変更されることがあります。

▶︎ラテのためのほうじ茶はこちら

*出荷開始日:2018年4月1日(日)

イメージはありません。

レビューはありません。